« 12月にApple製品を買う悩ましさ | トップページ | いつのまにやらecto2が »

2004/12/08

IBMのPC事業撤退!

ITmedia記事「IBMのPC事業、Lenovoへの売却が正式決定
前々から噂のあった
IBMPC事業が中国の企業へ売却されることが正式に決定。
Apple IIの競合として、1981年にメインフレームの世界からMS-DOSを搭載したマシンでパーソナル事業へと参入したわけですが、実際IBMPCを作らなかったらMicrosoftWindowsも存在しなかったのではないでしょうか。
まさか
Appleの天下になっていたとも思えないけど(いや・・なっていたのかも・・)、未だに各社バラバラの規格でこれほどコンピュータの普及も無かったかもしれません。

 Users Kuma Pictures Ibm01

そんなIBMにも関わらず「もうパーソナル事業はやーめた」という感じで中国企業のLenovoに売ってしまうというのがアメリカっぽいところ。
まあ合弁でパーソナル事業は行うみたいですが、その新会社に
IBM社員のうち約1万人が移籍するというのもすごい話。
IBMっていったい何人社員いるんですか!
Thinkブランドの販売も継続されるみたいですが、IBMのロゴの消えたThinkPadってどうなんでしょ・・・

Ibm

笑いが止まらないのはDELLでしょう。
「HPに続いてIBMまでやってくれたぜ!」とばかりDELL氏のコメント「Dell:ほかの合併と「同じくらい」うまくいく——IBMPC事業売却に否定的コメント」と皮肉たっぷりといったところですかね

|

« 12月にApple製品を買う悩ましさ | トップページ | いつのまにやらecto2が »

IT一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29792/2199148

この記事へのトラックバック一覧です: IBMのPC事業撤退!:

» IBM、PC事業を中国のLenovoに12億5,000万ドルで売却 [笠岡はじめ・ドットコム・千日修行挑戦中]
 米IBMは7日、PC事業部門を中国の大手PCメーカーである聯想集団(Lenovo)に売却し、PC事業の新会社を設立することで最終合意に達したと正式発表した。 ... [続きを読む]

受信: 2004/12/08 23:38

« 12月にApple製品を買う悩ましさ | トップページ | いつのまにやらecto2が »