« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

魁!!クロマティ高校に差し止め請求

「魁!!クロマティ高校」が映画になると先日聞いた時には驚きました。
なんたってあのシュールなストーリー映画化できるとは到底思えない!
個性的なキャラも普通の役者さんじゃ無理なんじゃないでしょうか???
大体フレディー出来る人いないでしょ!
どんな映画なのか気になって「魁!!クロマティ高校THEMOVIE」公式サイトを見てみると・・・フムフムそう来ましたか・・・
案外おもろいかも・・・

なんて言ってたら元ジャイアンツのクロマティに上映差し止め請求起こされちゃいました。
不良高校に自分の名前が使われているのが気に入らないのだそうです。
というかクロマティってまだ日本にいたんですねー・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LIVE8に関係できるブロガー

Live Aidの進化系で、G8参加国にアフリカを救うよう呼びかけるロックイベントLIVE8が迫ってきています。
そんな中ブロガーがLIVE8に関われる企画が浮上してきました。
アフリカでは毎日3万人の子供が死んでいるという事実。
これを伝える影響力のある50人のブロガーに世界のLIVE8会場をまわってもらおうというのです。
選出基準は申し込んでLIVE8にふさわしい世界が変わるかもしれないメッセージをblogに書きまくってひたすら待つだけ。
詳しくはこちらのサイトに書かれています。
ただし日本語だとダメなんでしょうね??? 皆さんチャレンジしてみてはいかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/29

ポッドキャスティングって?

昨日発表されたiTunes 4.9と新しいiPodまたはアップデートされたiPodを使用すると日本でもPodcastingを楽しむことが出来るようになります。
日本でも楽しめるiTMSの数少ないサービスです。(英語ですが)

さてポッドキャスティングとはRSSベースに使用したblogの音声版という感じでしょうか?
RSSによって常に最新の音声ファイル=番組(多くはMP3ファイルだったりする)を手に入れることが出来るわけで、これをiPodなど携帯プレーヤーに入れて持ち歩き、好きな時に聴くのがポットキャスティングのスタイル。
昨年ぐらいから草の根的に広がり始めましたが、それをiTunes+iPodの組み合わせで番組の選択が簡単に行えて、一度選んだ番組は最新コンテンツのインストールを自動化できるようにしたのが今回のアップデートというわけです。
ポッドキャスティング自体前からあったわけで、アマチュアレベルで自分の番組を配信している人がいました。
ただ日本人の場合しゃべり自体が得意な人が少なかったりするため私は今まで面白いと思った番組に当たったことはありません。
また番組といっても音楽は著作権のからみでオリジナルのものか著作権フリーのものしか使えません。(著作権料を払えば使えますが・・)
したがって地味なものになりがちなわけです。

しかし今回iTMSにオープンしたポッドキャストのバリエーションは正直驚きです。
ニュース、スポーツ、エンターテイメント、Mac情報・・・完全にプロの仕事というか完全にラジオ局です。
大手のラジオ局などは結構前からポッドキャスティングを行っているようです。
こんなに制作費をかけたものを無料で流してどうやって元を取るのかまだ多くを聴いていないので分かりませんが、ひょっとすると大変大きな楽しい世界が私たちの前に差し出されたのかもしれません。

ところでポッドキャスティングはiTMSの中だけのものではありません。
RSSに対応しているサイトならiTunesはどこからでも番組を読み込むことが可能です。
例えばライブドアのねとらじというポッドキャスティングサービスがありますが、このサイトで聴きたい番組を選択して[Podcast]というブルーのボタンを押して表示されるページのURLをiTunesメニューの「詳細設定→ポッドキャストを登録」というウインドウにコピペすれば、blogのように最新の番組をiTunesでiPodにインストールできるわけです。

Itunesscreensnapz001-1

ただ制作費だってタダじゃないわけですから、ライブドアといってもなかなかクォリティー的には厳しいものがあります。
しかしこれから面白いコンテンツが続々出てくる可能性がありますので注目といえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

新型iPod発表!

iTunes 4.9が発表されたと思ったらiPodもニューモデルが発表されました。
というより、iPod photoという商品名が無くなり、全部がiPod photoの仕様となり名称はiPodに統一されたという感じ。
すべてカラー液晶です。
容量は20GB(¥32,800)と60GB(¥45,800)の2モデル。
ちょっと前に比べると激安です。

それは良いのですがじゃあ新しいiPodが発表されるといわれていた7月7日の発表ってなに??
iPodじゃないことがハッキリしたわけでこれもジョブス一流のサプライズというわけですな。
やっぱり七夕にちなんで日本版ITMS?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Queenジャパンツアーが4日間に!

以前お伝えしたように埼玉スーパーアリーナでのライブが決定したQueen + Paul Rodgersツアーですが、公式サイトによると、なんと新たに3日間追加となりました。

10/26(水)埼玉スーパーアリーナ (25,000人)
10/27(木)埼玉スーパーアリーナ (25,000人)
11/1 (火)名古屋ドーム (20,000人)
11/3 (木)福岡ドーム(20,000人)

大阪ドームはスケジュールの関係でどうしてもダメだったようで、その代わりに名古屋が入ったものと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunes4.9登場 ポッドキャスティング機能搭載

iTunes 4.9がソフトウェアアップデートからアップデートできるようになっています。
今度の目玉はどうやらポッドキャスティングのようですね。
今までポッドキャスティングは、様々なホームページ上にバラバラにアップされているMP3ファイルをダウンロードして自分でiPodに転送しなければなりませんでした。
もちろん最新のコンテンツへの更新も自分で行うわけです。
こうしたポッドキャスティングの面倒さをITMSとiTunesの仕組みで解決しようと言うのが今回のバージョンアップ。

ITMSを見るとPodcastsというジャンルが追加されニュースからディズニーまでフリーのポッドキャストチャンネルが沢山登場しているので、これらを利用することが出来るようです。

Itunesscreensnapz004

例えばABCを選べば好きなニュースをダウンロードできます。
目的のコンテンツを表示して

Itunesscreensnapz001 Itunesscreensnapz002-2

目的のコンテンツを表示して「SUBSCRIBE」ボタンを押すだけでダウンロードできます。

Itunesscreensnapz005

これでiTunes上にポッドキャストにコンテンツとして登録されました。

Itunesscreensnapz006

設定で常に最新のコンテンツにしておくことが出来るようですので、毎朝最新のニュースを持って出勤できると言うことですね。

Itunesscreensnapz007

また、どうやら自主制作のポッドキャスティングチャンネルを登録できるようで、ITMS経由で配信できるようになったように見えます。

Itunesscreensnapz003-1

ただし当然のことながらITMS上のコンテンツは英語のものばかりなのが残念。
8月と噂されている日本版ITMSの登場を待つしかないでしょう。

そういえば7月7日にAppleが何らかの新しい製品に関する発表を行うようですが、そのついでにジョブスが「そうそう・・・最後に一つ。今日は日本は七夕なんだって?我々は長い間日本のユーザーとITMSの素晴らしい音楽購入の仕組みを出会わせてあげようと努力してきました。そしてそのエキサイティングな出会いを七夕の今日発表出来ることを嬉しく思います。ITMSは今日から利用可能です!!」なんてやってくれたら嬉しいんですけどね・・・・まあ無いでしょう(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/24

Now Up-to-Date and ContactがOSX対応

スケジュール管理ソフトはいろいろありますが、私が今まで最も使いやすいと感じたのはNow Up-to-Date and Contactです。 ただ日本での販売代理店が倒産したり、開発がストップしたり、あまりにも色々な事件があったため使わなくなってしまいましたが、私の中ではかなり思い入れのあったソフトの一つです。 しばらく噂を聞かなかったのですが突然最新版のNow Up-to-Date and Contact5がリリースされました。

見た目も随分おしゃれになっています。
現在Now Up-to-Date and Contactの日本の代理店は無いので日本語版が出る望みは無いのですが、マサトレさんのページで日本語環境で使用する方法が書かれていました。
CLIEなどとの同期も出来そうですが、試さないと分からないなあ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/06/21

最近流行のチェーンメール

Musical Batonというチェーンメールがやってきました。
以下の質問にblog上で答えて、同じ設問を5人の人に回すルールなのだそうです。

Q1:コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
Q2:今聞いている曲
Q3:最後に買ったCD
Q4:よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
Q5:バトンを渡す5人

とりあえずチェーンメールの定義を調べると明快に解説されています

まあいわゆる不幸の手紙「チェーンメール」はサーバーの過負荷に繋がる場合もあるわけです。

しかし、なかなかお題が興味深いチェーンメールです。
これ誰が始めたのだろう?と調べると「hatena」に概要が書いてありました。
さらにその中にかなり起源まで追求した人のblogを発見!
元々海外で今年発生したチェーンメールが5月半ばから日本のblogでもはやり始めたと思われます。
ためしに「このゲームの名前」でググって見たら701,000件ヒットしたのでいかに短期間に広がったか分かるでしょう。(どんどん増えています)

さらにはblogからソーシャルネットワーキングのmixiにも飛び火。

最初の発生の06月14日からわずか1週間で3000近くの書き込みが見られます。

急激に増えるのがチェーンメールの怖いところ。
なにせまじめに5人に出していたらわずか15回で地球人口を超えるそうですから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

KDDIの強引な電話勧誘

先日妻が実家に帰ったらインターネットにアクセスできなくなっており、加えてKDDIから身に覚えのない請求書が届いていたそうです。
私は全く予備知識が無かったためこの時点では何のことかさっぱり分かりませんでした。
もちろん2つの事件が関連しているとは想像も出来ません。

もう何の話か分かっている人も多いとは思いますが、ようするにKDDIが展開しているメタルプラスの電話勧誘に引っかかってしまったわけです。
突然電話してきて「電話料金が安くなる」と説得し電話だけであれよあれよと契約を進めてしまうやつです。
うっかり勧誘に乗ってしまうと、例えばそれまでのNTT回線は親切なKDDIによって解約されKDDIの回線となります。
そうするとそれまでNTT回線へのADSL提供を契約していたヤフーBBの契約も打ち切りとなってしまうわけです。

KDDIの代理店曰く「すべて正規の手続きで、すべての事柄について確認してやっている」とのことですが妻の母は認知症なのです。
契約したことも電話があったことすら覚えていません。
仮に認知症ではなかったとしても、本来電話の名義人ではない、たまたま電話口に出た老人を相手にどんどん契約を勧めてしまう商法というのはいかがなものでしょう?
「ADSLが使えなくなるのはきちんと説明しましたよ!」と言っていましたがどれだけのお年寄りがその話を理解できるのでしょう?
「元に戻してくれ」と要求しても「それは自分でやってくれ。その費用はそちらで払え」という内容の対応。
頭に来て結局KDDI本体のサポートに抗議をしたところ費用負担は全額KDDIが持つことになりましたが各種の手続きはこちらがやらなければならないとのこと。
Googleで調べてみると、KDDIと日本テレコム双方で同様のトラブルが起きているようです。
市場を広げるためには強引な商法をとらざるえないのでしょうが、その様なトラブルにならないビジネスをすることは出来ないものでしょうか?
詐欺ギリギリの商法ともいえるこのやり方は早急に止めてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

Pink Floydが復活!

1973年発表のアルバム「The Dark Side Of The Moon (狂気)」が未だに売れ続けているというピンクフロイドだが、最近めっきりと活動がストップしていました。

Pink Floyd Darkside

反対に脱退したメンバーであるロジャー・ウォーターズが2002年にワールドツアーを行って来日を果たしたりもしていますが、ピンクフロイドは何の活動もないままかなりの年数放置状態になっています。
ところがここに来てとんでも無いニュースが飛び込んできました。
なんとピンクフロイドがロジャー・ウォーターズも参加してLive8で復活するというのです。

Live8というのはLive Aidの進化系で、G8参加国にアフリカを救うよう呼びかけるロックイベント。
この趣旨に賛同して多くのミュージシャンが参加を表明しており、現在ポールロジャースを迎えて再結成中のQueenも先日参加が決定したばかり。
そしてピンクフロイドも参加表明をしたのです。
ピンクフロイドというと多分世界で最もド派手なステージで有名なのですが、Live8みたいなロックイベントでどのぐらいの規模でLIVEを行うのかまだ分かりませんがとにかくビックニュースです。

Pink5A Pinkfloyd4

それにしてもこれを機会に、ニューアルバム制作ワールドツアー来日・・・とならないものでしょうか?
とても期待してしまうのは私だけではないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/12

Dual 2.7GHzがやってきた

Macにインテルチップが採用されようとしている昨今ですが、職場用に注文してあったPowerMac G5 Dual 2.7GHzがやってきました。
多分G5プロセッサーを採用したMacとしては最速になるのではないでしょうか?

Pict0002 Pict0003

Pict0007-2

構成としては以下の通り。

Dual 2.7GHz PowerPC G5
2GB DDR400 SDRAM (PC3200) - 4x512
400GB Serial ATA
16x SuperDrive 2層記録式(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW)
NVIDIA GeForce 6800 Ultra DDL w/256MB GDDR3 SDRAM
内蔵 Bluetooth モジュール

ちょっと贅沢な仕様です。

Pict0009 Pict0011

水冷と言うことで最初の起動時に水の流れるらしい音が短時間するのがご愛敬。

キモはNVIDIA GeForce 6800 Ultra DDLということになっているのだが、中を開けてみるとグラフィックスカードにデカイファンがついているため、拡張スロットをもう一つつぶしてしまうのがデメリット。

Pict0013 Pict0017

PowerMac G5は静音設計とのことですが、GeForce 6800のファンは目一杯回るので結構うるさい。
まあ我慢できる範囲ではあるのですが・・・

実を言うと今回の買い物が初めてのG5プロセッサとなるため想像を絶する早さ。
「Photoshopってこんなに早く起動するんだー」なんて感動しております。
自宅の環境がやたら遅く感じてしまうので困りますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/09

ロックの日

本日6月9日はロックの日なのだそうです。
盛り上がりそうな記念日なのでロックの日を調べてみると・・・「日本ロック工業会日本ロックセキュリティ協同組合が2001(平成13)年に制定」・・・ってそっちかよ!
ちなみにロックウールの日でもあるようで・・・さらにポルノの日でもあるそうな・・・6と9で・・あーーなるほどね(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/06/08

「AppleがIntel採用」の見出しをチェック

昨日のAppleの発表を受けて随分色々な記事が出てきていますのでちょっとチェックしてみましょう。

ASCII24の記事はみっちりと5回にわたるレポートを現地から伝えています。
【WWDC2005基調講演 Vol.1】ジョブズがアップルについて語ったこと──好調なアップルを裏付けるいくつかの数字
WWDC2005基調講演 Vol.2】ジョブズがアップルについて語ったこと──200万個を販売したTiger、そして移行のときが来た
WWDC2005基調講演 Vol.3】ジョブズがアップルについて語ったこと──インテル移行計画
WWDC2005基調講演 Vol.4】ジョブズがアップルについて語ったこと──開発者に課せられた課題
WWDC2005基調講演 Vol.5】ジョブズがアップルについて語ったこと──サードパーティー各社の反応は?

お宝鑑定団の基調講演レポートもキーノートの内容をコンパクトに紹介。

PC Watchの「スティーブ・ジョブズCEO基調講演詳報〜Intel CPU移行は3度目の挑戦」もわかりやすい。

またまたASCII24の記事「【速報】噂は本当だった! アップルコンピュータ、MacintoshPentium 4を採用へ──2006年に最初の製品、2007年末には完全移行」ではフィルシラー氏にインタビューし「インテル版Mac OSは、当面の間アップルが発売するインテル版Macでの動作を前提にしている」という話が掲載されていますが、「当面の間」ということは今後PC/AT互換機でMacOSが動く時代が来るのでしょうか?

大きな賭けに出たアップル--インテルチップ採用への布石を振り返る」という特集に掲載されているCNETの記事の量も半端じゃない。まさにインテル採用による悲喜こもごもといったところでしょう。

なんとPC Watch記事「AppleIntelプラットフォーム採用が与える刺激」ではIntel版MacintoshでWindowsが動作する可能性を示唆している。あり得るかもしれません・・・・

松田純一Macテクノロジー研究所「IntelMacが我々にもたらす大いなる期待と少しの不満」という記事ではIntel版Macが出るまで新しいMacやPowerBookを買う人いなくなのじゃないか?という危惧が書かれています。

Mac ASCII24「そのまま突き進んで欲しかった——MacintoshPentium 4採用で期待と失望の声!」では「“PowerPC”と比べると性能が悪くなりそう」や「どうせ各社のMac関連ソフトのバージョンが“0.1”だけ上がって、アップグレード料を取られるんでしょ」というショップの声が紹介されています。
確かに次期OSとして発表されたLeopardまで有償のバージョンアップはないと思いこんでいましたが、ひょっとするとTigerやサードパーティーの有償アップグレードがあるかもしれませんね。(Tigerは無いかな??)

「昨日マシンの名前がPowerMac P4になったりして」と書きましたが、dokodemo.NETさんは「Appleのマシンにも『Intel入ってる』の時代へ 」という記事でPowerというネーミングもPowerPCからとったものだから使われないかも・・・と次世代Macのネーミング案を紹介しています。

さて松田純一さんが指摘するように年内にクロックアップモデルなど新しいMacが出ることはあるのでしょうか?
個人的な予想では、もうちょっとまともなビデオカードとより早いG4プロセッサを積んでお値段据え置きのMac miniなどはありそうな気がします。
iBook、iMac、eMacなどはCPU名がついているわけでもないので、来年になってもPowerPCモデルが出そうな気がします。
でもPowerBook G4とPowerrMac G5については新しいもの出ないかも・・・でも出したら最後のPowerPCモデルとしてバカ売れするかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/07

QuickTime 7のストリーミングに驚愕

WWDCにおけるスティーブジョブスのキーノートスピーチの模様がストリーミング放送され始めました。
ここのところ生中継はせず、録画によるストリーミングが主流なので別に珍しいことではありません。
ただ今回は初のQuickTime7によるストリーミングなのです。
実際に見てみてストリーミングとはとても思えない美しさにびっくり!

Quicktime Playerscreensnapz002
[クリックすると拡大]

会場ではハイビジョンカメラを使用しているのでストリーミングが16対9のワイド画面なのも嬉しいのですが、H.264ビデオコーデックの恐るべき美しさを初めて実感できました。
この画質なら2倍に拡大して楽しむことが十分可能です。
細かい文字も読める美しさには驚きです。

Quicktime Playerscreensnapz005
[2倍表示 クリックすると拡大]

なお本日からQuickTime 7 for Windows Public Previewもダウンロード可能となっているようでWindowsユーザも試すことが可能です。

*追記

QuickTimeプレーヤが立ち上がると、今朝までは無かった画面が追加されていました。
回線が遅いとさすがに動かなかったりしたのでしょうか?
回線を3段階に選べるようになっています。
ちなみに上の記事の画像はHighです。

Quicktime Playerscreensnapz002-2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Appleがインテル採用を正式発表

WWDCのキーノートで噂どおりインテルへの切り替えが発表されました。
Appleの発表
Intelの発表
2006年から2007年までかけて段階的に徐々に製品ラインナップを切り替えていくのだそうです。
今までさんざんPowerPCの優位性を説明してきたスティーブジョブスですが、結局CPUなんてどこでも良かったのね・・・・
今までAppleはPowerBook G4とかPowerMac G5などプロセッサ名を入れた製品名を使っていたわけですが、これは今後Power Mac P4などになるのかもしれません・・・重みにかけるというか違和感ありますね。(笑)
Macにインテルのシール貼ってあったり、CFにインテルのジングル鳴ったりするのも嫌です・・・・

インテルベースのマシン上では、ソフトウェアもインテルのコードに変更する必要があるのですが、新たに出たXcord 2.1で簡単な変更とコンパイルし直すことで素早くインテルベースのアプリケーション開発が出来、さらにインテルとPowerPC両方に対応したハイブリッドのアプリ開発も出来るそうです。
さらに今までのアプリケーションがいきなり使えなくなるのを防ぐためにPowerPC環境をエミュレートするRosettaという機能が用意されているようで今までのアプリケーションがストレス無くそのまま動くとのこと。
そうするとひょっとしたらClassic環境も無くなることはないかもしれません。
なおTigerの後継OSとしてLeopardが準備されており、2006年年末か2007年頭にリリースされるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

祝「iTunes Music Store」8月開店

NIKKEI NET記事「アップル、日本で音楽配信・8月開始」とのこと。
やっと日本でもiTunes Music Storeを使うことが出来るようになるようです。
これはWWDCで発表されたわけではなく日経のスクープなのですが多分本当なのでしょう。
1曲100円〜200円ぐらいで販売されることになるそうです。
ソニーは独自の音楽配信サービスとプライドがあるので参加しないようですが、iTMSが一人勝ちすることになったら将来的には参加と言うことになるかもしれません。
さて究極と言っても過言でないほどに洗練されたiTMSのインターフェースに他の音楽配信サービスがかなうかどうか・・・
日本での展開についてはエイベックスあたりがかなり積極的に動いたようです。
ついこの間までCCCD普及の総本山だったのがウソのような転身ぶりでかなり見直してしまいました。
何はともあれいよいよ見えてきたiTMS。
でもオープンしたら邦楽しかなかったら泣いちゃうよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

Macにインテル

CNET記事「アップル、IBMを見限る--Macにインテル製プロセッサを採用へ」を初めとして様々なサイトで話題になっているように、今週のWWDCでアップルがCPUをPower PCからインテルに変更発表するとの憶測が流れています。

実際どうなるかはWWDCにおけるスティーブ・ジョブスのキーノートスピーチが終わらないと誰にも分からないことなのですが、実際にインテルになったら何が変わるかと考えたら・・・・あまり変わらないかも・・・・
いや!大きな変化があった。
Macにデザインをぶちこわす「intel insideシール」が貼られるのだけは絶対嫌!
それからもしインテルになったらOS9つまりClassic環境が動かなくなるのは確実ですので、他のソフトへの移行を断念した唯一のソフト「クラリスインパクト」が動かなくなる。
これはまずい!
インテル採用ハンターイ!!

*追記
ITmedia記事「Intelチャンドラシーカ副社長、PowerPCとの競合とAppleへの売り込みを語る」という記事によるとなにやらかなり本当っぽい感じですなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/04

Queen来日決定!

以前からこんなトピックあんなトピックでご紹介しているようにポールロジャースをボーカリストに迎えてのQueenツアーが開始されているが、日本公演が決まったとのこと。
Queenのオフィシャルホームページのニュースによると10月26日埼玉スーパーアリーナでの1Day!
追加公演があるかどうかは例によって分からないのですが、QueenもFreeもBad Companyも好きだった私としては正直「ポールロジャースはQueenのボーカリストとして相応しくない」とか「フレディーがいないのにQueenと名乗るな!」というような議論には興味はないです。
しかし今の1Dayなら先にどうしてもはずせない仕事のスケジュール入っているので絶対に行けないです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »