« Backup 3.1登場 | トップページ | ニンテンドーDS Liteのカラーバリエーション決定 »

2006/02/10

EDIROLのR-09をさわる

先日ジェフダウンズが出演したローランド・サウンド・スパークというイベントの模様をレポートしましたが、そのイベント会場に、これまた先日紹介したEDIROLのR-09が展示されていました。

最大24ビット(48kHz 、44.1kHz)のリニアPCM録音に対応し、ステレオ・マイク付きのWAVE、MP3対応2トラックレコーダーです。

手に取ってみると大きさも形もかなりシェーバーそっくりですが悪いデザインではありません。

Imgp2780 Imgp2781

有機ELディスプレイも見やすく操作感も上々。
手に取るとメチャメチャ軽いので驚きますが、ちゃんと単三バッテリーが2本入っていました。

Imgp2779

CFカードスロットとMINI USBも底面に装備いていますが、バッテリーカバーを開けずにちょっとだけスライドさせて、CFカードとMINI USBにアクセスできるギミックがなかなか面白いです。
R-1には搭載されていたリミッターが無くなり、AGCに変更になったのは意見の分かれるところですが、手軽に取るのであればAGCは強力なのは確かです。
単三乾電池で約4時間(R-1の2倍)のレコーディングが可能とのことでした。
価格は4万円をほんの少し切ったあたりだそうです。

ローランド・サウンド・スパークは明日(2月11日)東京のShibya O-Eastで開催されますので関東にお住まいで興味のある方は是非どうぞ。

|

« Backup 3.1登場 | トップページ | ニンテンドーDS Liteのカラーバリエーション決定 »

サウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29792/8594595

この記事へのトラックバック一覧です: EDIROLのR-09をさわる:

» info J/情報)R-09 EDIROL (Roland)英語サイトの情報 [Lab:dddo/実験室どどど]
EDIROL英語サイトにかなり詳細な情報がアップされてますね(^^) [続きを読む]

受信: 2006/04/19 23:29

« Backup 3.1登場 | トップページ | ニンテンドーDS Liteのカラーバリエーション決定 »