« 日本版WinXPもIntelMacで動く | トップページ | 予定通りFinal Cut StudioがUniversal Binaryで登場 »

2006/03/30

MacOS XのアプリやFinderをクラッシュさせるバグ

ちょっとプライベートな理由で更新がストップしておりました。
申し訳ありません。

さてマクさんやsoundscape outさんでも書かれていますが、DrunkenBlogというサイト(現在Safariで見ると落ちますので、FirefoxCaminoなど他のブラウザで見ましょう)でSafariやMailといったアプリやFinderをクラッシュさせるバグが見つかったそうです。

Caminoscreensnapz001

ある種のイメージ(上の車の写真。Safariでクリックすると落ちますので自己責任でどうぞ)を読み込むとSafari、Mail、プリビュー、Finderなどをクラッシュさせます。
どんなイメージでも落ちるわけではありませんがEXIFデータに以上のある物のようです。
実際にこのイメージをSafariで読むとクラッシュしますし、プリビューでも見ることができません。
またウインドウをカラム表示にしてプリビューを見ようとするとFinderもクラッシュします。

さらに上記のリンクをコンテクストメニューの「リンク先のファイルをダウンロード」によってデスクトップにダウンロードするとサムネールを作ろうとするのかFinderが再起動を繰り返すようになり、別ユーザでログインしてファイルを消去するまで使用できない状態となってしまいました。
かなり危険なので腕に自信のある人以外試さないでください。

たまにSafariで見ることができないページがあるのは以前から分かっていましたが、最近友人がIntel Macを購入し「Mailがクラッシュする」という現象で悩まされており「特定のメールを見ようとするとクラッシュする」と訴えていたのですが、原因はこれだったわけですね・・・・

かなり重大なバグですので改善が期待されます。

|

« 日本版WinXPもIntelMacで動く | トップページ | 予定通りFinal Cut StudioがUniversal Binaryで登場 »

Apple/Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29792/9336998

この記事へのトラックバック一覧です: MacOS XのアプリやFinderをクラッシュさせるバグ:

« 日本版WinXPもIntelMacで動く | トップページ | 予定通りFinal Cut StudioがUniversal Binaryで登場 »