« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

Scissor Sisters大阪公演2007

妻のリクエストで、1月29日、Scissor Sistersのライブへ行ってきました。
Kraftwerkのライブ以来久々のなんばHatchです。

Scissor-Sisters-Center

なんばHatchだと最後尾でも十分に見ることができるので遅めに行ったのですが、客席には前3列ほどしか入っておらず・・・普通だとラッキーなのですが、Scissor Sistersのオーディエンスというと若者100%ですから前から3列目に行くのは自殺行為。
モミクチャにされてしまいます。
とりあえずPAブースの前の柵を占拠することができたのでもたれて見ることに・・・
結局最終的にはギュウギュウという程でもないですが、程よく満杯で良い感じ。

客入れ時からDJがプレイしており客席を暖めています・・・
定刻になったらスタッフがステージ上で慌ただしくマイクのチェックをしたり、楽器をチェックをしたり、モニターのチェックをしたり・・・結局35分ほど遅れてスタートです。(他の会場でもそんな感じだったようなのでトラブルではないのでしょう・・客入れ前にやっとけよ・・)

Safariscreensnapz001-9

ステージはアルバムジャケットと同じエレベーターの幕で隠されていますが、オープニングのSEと共に幕が開きメンバーがポーズを取って立っており、演奏スタートという感じ。
なにせメンバー5人のうち男性3人がゲイ、女性がトランスセクシャルというバンド。
衣装も変だし、身のこなしも変。
アンコールなどはラメ入りの短パン姿・・・・(短パンといえばフレディー・マーキュリーが思い浮かびます)
ゲイであることを前面に出したバンドですから、バリバリにゲイっぽいのですが、妙におしゃれなステージが展開されます。
そういえばお客さん男性が圧倒的に多くない??
男性ボーカルが胸をはだけると男性が「ウォーー!!」って歓声を上げるライブって・・・あー日本で良かったと思った次第です。(^^;)

ライブ自体は大変楽しいステージで、ラップやヒップホップばかり聴いている若者が「ダサーイ!」と敬遠する70年代のディスコサウンドを、オシャレで、笑えて、下品なショーに再構成させた感じです。
かなりよく考えられたステージといえるでしょう。

Setlistは以下のとおり。

She's My Man
Can't Decide
Tits On the Radio
The Skins
Laura
Lights
Kiss You Off
Paul McCartney
Take Your Mama
Mary
Transistor / Elevator Noise
Comfortably Numb
Rock'n'roll Nigger(Patti Smith)
Music Is the Victim
========Encore========
I Don't Feel Like Dancin'
Filthy / Gorgeous

Rock'n'roll NiggerはPatti Smithのカバーで(アルバム未収録)日本公演最終日のサービスだそうです。
Comfortably NumbはPinkFloydのカバーですが、カバーだと分かって聴いても違う曲に聞こえるほどアレンジされています。(Comfortably NumbPVも映画版The Wallを意識しています)

曲数はそれほど多くないので、あっという間の90分でした。

変わってるのは、ボーカル2人とドラム以外は、サポートのキーボードプレーヤーも含めて持ち回りでベースとギターを弾くという演奏形態で、次々に楽器を持ち帰るあたり昔見たThe Hootersを思い出しました。(The Hootersほど演奏美味くないですが・・)

不満は音が小さかったこと。(客入れのDJより小さい・・・)
ファルセットなので声量がないんですかね?
バンドの音が全体に小さいのでギターなどは蚊の泣くような音でした。
お客さんの歓声にかき消されてしまいます。

普段聴いている音楽のジャンルと違いますが、ディスコサウンドはなかなか懐かしいものがあり、サービス精神旺盛なメンバーのMCもお下品でいい感じ。悪のりして大人のおもちゃをお尻にはさんだりくわえたり・・・(^^;)
周りを見渡してどう考えても会場で一番年寄りの男女だったように思いますが、それでも総合的には思っていたよりかなり楽しめました。

たまには普段聴いているもの以外のライブも良いものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/30

5色のiPod Shuffle登場!

AppleStoreがクローズしたと思ったらいきなりiPod Shuffleのカラーバリエーションが発売されました。
これは売れるなあ・・・

Cp Top Shuffle 070130

バレンタインデーのプレゼントにどうぞ!という感じのようで、AppleStoreにはバレンタインデーギフトガイドというページもできています。
Windows Vistaの発売日にぶつけてくるあたり、やる気満々といったところでしょうか?(笑)

ところでだんだんiPod Shuffleのページをよく見ると、付属ヘッドホンの写真がiPod nanoに付属する新型になっていますね。
どうなんでしょ?

Safariscreensnapz003-5

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Appleから何か出る?

いきなり全世界のオンラインAppleStoreがクローズになっています。

Safariscreensnapz002-10

何か新製品が出るという噂が出ていますが・・・米国でWindows Vistaの発売日になに出すの??
まさかMacOS Leopard・・・なんてことあったりします?(さすがにそりゃないか・・)
Vista対応のBoot Camp正式版を発売するなんて噂もありましたね・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

Dolby Volumeは期待大

テレビを見ていてCMだけ音量が大きいと感じることがしょっちゅうあります。iPodでシャッフル再生させた場合もアルバムによって音量がかなり違うので困る場合があります。
そんなコンテンツ毎の音量差を自動で解消してくれる技術がDolby Volumeとのこと。

ITmedia記事「謎の新技術「Dolby Volume」とは?

音量の差を補正することなどは自動で簡単にできそうにですが、実はレベルメーター上の音量と、聴感上の音量が一致していないため、例えばアルバムを製作する際も、最終的にはマスタリングエンジニアが耳で聞きながら補正をしていました。
もしDolby Volumeが実用化されたら音量の差を気にすることなくコンテンツを楽しむことが可能となります。
これは結構一般的な技術になりそうな予感がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

やっぱりiPhoneは商標侵害

シスコが持っているiPhoneという商標。
AppleはiPhoneを発表するにあたって、事前に協議して合意していると伝えられていましたが、どうやら物別れに終わったようです。
ITmedia記事「Apple、「iPhone」商標侵害で訴えられる」によるとiPhoneという名称の使用禁止を求めて連邦地裁に訴状を提出したとのこと。

どうもAppleの考えが読めません。
先に製品が出てたらiPhoneという商標は使えないのは当たり前で、使うにはシスコと金銭的な取引をしなければならないはず。
多分法外な金額だから蹴ったのでしょうが・・・
何か抜け道があるんですかね?
それともApplePhoneってな感じにネーミングを変更するんですかね?
それはそれでありな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/10

大風呂敷は伊達じゃない

いやーMacworldのキーノートスピーチ終わってなにが驚いたって、アップルが社名変えちゃいました。

キーノートの模様はこちらより録画ストリーミングを見ることができます。

昨日のエントリーで以下のように書きましたが

「Apple社が誕生して今までの30年間を「単なる始まり」と称するならば、企業自体の方向性を左右するとんでも無い変革が行われると見るのは考えすぎでしょうか? それが何か分かりませんが、例えばアップルが単なるコンピュータ企業では無くなる何かの製品群を出すとか??

その回答が今朝のキーノート。
コンピュータがらみの製品発表は行わず、Apple TVとiPhoneという2つの製品発表のみで、しかも社名を「Apple Computer, Inc.」から「Apple, Inc.」に変更したわけです。
MacOS 10.5もiLife'07もiWork'07も新Macもニューディスプレイも一切無し。

いきなりApple TVの発表を行います。
過去iTVといわれていた製品です。

Product-Product

USB2、イーサネット、WiFi(802.11b/g/n)、HDMI端子、アナログコンポーネント端子、ステレオ入力端子を搭載し、5台までのコンピュータに入っている動画をリビングに置いてあるテレビに720pで出力できるデバイスです。
40GBのハードドライブを搭載してスムースに再生できるとのこと。
$299

ちなみにAppleTVの802.11b/g/nのWIFIに合わせてAirPort Extremeもアップデートされています。

Ae-Diagram

そしてiPhone
昨年末他社からiPhoneという製品が発売されましたが、商標の件はクリアできているようですね。
驚くのはその内容。

Indexhero20070109

いままでiPod機能付きApple製携帯電話の噂、タッチコントロールのワイドスクリーンのiPodの噂、タブレットを搭載しジェスチャーによってコントロールできるMacの噂などがありましたが、実はこれらの噂はすべてiPhoneのことだったわけです。
昨日お伝えした「iPhoneはポケットコンピュータ的なデバイスに携帯の機能が搭載された物」という噂は本当だったわけですね。

それにしても、簡単に言ってしまえば携帯にミュージックプレーヤーとフルブラウザーを乗っけた製品なのですが、Appleが作るだけあってとことんまでこだわって作られています。
実際の動きはAppleのサイトで確認してください。
世界中の多くの携帯メーカーがあるのになぜAppleと同じことができないのか不思議に思います。
従来の携帯電話は電話機能以外はおまけという位置づけでしたから、そこからして大きく違うわけです。

4GB model - $499、8GB model - $599という価格設定も戦略的。
米国では6月から、ヨーロッパでは第四四半期に発売とのこと。

ただ予想されたことではありますが、残念なことにGSM/EDGE携帯なので日本では全く使用できません。
アジアでは来年発売とのことなので、ひょっとしたらその時に日本でも使用できるモデルが投入されるのかもしれません。(ソフトバンクの孫さんも会場にいたようですし・・・)
まあ初期不良のある初号機を買わず、様々な不具合が修正され、よりブラッシュアップされた製品を手にすることができるとポジティブに考えるようにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/09

携帯かコンピュータか?

Macworldのスティーブジョブスによるキーノートスピーチ開始まで12時間を切りました。
最近の傾向でキーノートのライブストリーミングは行われませんが、GIZMODO Japanリアルタイムレポートするとのこと。

さてそんな中、maclalalaweblogさんの記事「ケイタイではなくポケットコンピュータだった!」は、ニューヨークタイムズのビックリする記事を紹介してくれています。
ようはApple携帯と噂されている物の正体は、携帯ではなくポケットコンピュータ的なデバイスに携帯の機能が搭載された物妥当言うのです。
これも数ある噂の一つではあるのですが、記事を読むと随分説得力があると言えばある・・・
どうなんでしょうね?

ちなみにここで言うポケットコンピュータとはCESで発表された超小型WindowsマシンOQO Model 2のような物のことのようで、EngadetにはOQO Model 2のレビュービデオがあります。
なかなか興味深い製品ですね。

なんだかんだ言っても始まってみないと分からないのがMacworld。
楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

MACWORLDでなにが出るの?

ずいぶん間が空いてしまいましたが、今年最初の書き込みです。
今年もマイペースではありますが、よろしくお願いします。

さて年明けというと気になるのがサンフランシスコで行われるMACWORLD Expo。
なにが出るのかという予測が毎度のごとく出まくっております。
そのあたりをちょいとまとめて見ましょう。

●MacOS 10.5(Leopard)
Windows Vistaがリリースされた今、安心して隠していた機能を公開できるわけですから、あっと驚く新機能を含め、初めて一般ユーザー向けにお披露目することとなります。
発売は春かもしれませんが発表はあるでしょう。

●iLife'07
これは毎年アップデートされていますから必ず出るでしょう。
ただかなりの完成度になっていますから、これ以上機能が追加されたら複雑になってしまいます。
新しいアプリが追加されるとか、iTVのような新しいハードとの連携が追加されるという感じになるかもしれません。

●iWork'07
これも出るでしょう。
お世辞にも完成度が高いとは言えないのでまだまだ高機能化してもらわなければ困ります。
表計算ソフトが加わるなんて噂もありますが、個人的にはドロー機能が強力になってくれると嬉しいです。

●Apple製携帯電話
iPhoneと呼ばれていたものですが、これはどうでしょう??
しきりに噂が出ていますが、出てくれたら嬉しいですね。

●次世代iPod
ビデオiPod的な製品が出るという噂が以前からありますが、iPod nanoとShuffleの売り上げが好調な時期に水を差すでしょうか??
微妙です。

●iTV(仮称)
WWDCで発表されたデバイスです。
Macをホームメディアサーバとして活用でき、映像や音声をAV機器に送る役目をします。
かなり画期的なデバイスですが、遅れるという予測も出ています。

●新Mac
CPUがインテルとなってもMacBook以外デザインの変更はありませんでした。
このあたりで、ニューデザインのシリーズが発表されるかもしれません。
タブレット型のMacを開発しているという噂もかなり前から聞こえてきますので、デザインだけでなく新しいラインナップが増えるという可能性もあります。

●ニューディスプレイ
カメラが付き、新しいインターフェースを搭載したディスプレイが登場するという噂があります。

まあここまでがいわゆる噂として出ているものなのですが、チョット気になるのが米Appleサイトのトップページ
すでにあちらこちらで報じられているとおり、こんな画像がドーンと表示されています。


Welcome2007 20070101-1

「最初の30年は単なる始まりに過ぎなかった。ようこそ2007年」ってな感じのコピーが目をひきます。
明らかにMACWORLDに向けたティーザー広告というやつですが、Appleがいくら大風呂敷の好きな企業だと言っても上に列記した製品を発表したぐらいで、ここまで大げさな事書きますかね?
Apple社が誕生して今までの30年間を「単なる始まり」と称するならば、企業自体の方向性を左右するとんでも無い変革が行われると見るのは考えすぎでしょうか?
それが何か分かりませんが、例えばアップルが単なるコンピュータ企業では無くなる何かの製品群を出すとか??
なにかは分かりませんが、新しいハードやOSのリリースがかすむような大きな発表が行われるのを期待したいと思います。
発表は日本時間10日の午前2時ぐらいからスタートし4時ぐらいにすべてが明らかになります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »