« MacBook Airを他のマシンと比較してみた | トップページ | Mac OS X 10.5.2登場-USB Ethernet アダプタも使用可に! »

2008/02/13

ポリス日本公演に行ってきた

2008年2月10日は再結成のThe Policeを見に京セラドーム(旧大阪ドーム)に行ってきました。
今年最初のコンサート参戦です。

P1080741

会場周辺では係の人が「ジャンプ禁止」の札を配りまくっており、立て看板なども見受けられます。
地盤が悪くタテノリのコンサートだと近隣住宅で鍋から具が飛び出すほど揺れるというので一時期コンサートには全く貸していなかった京セラドームならではの配慮でしょう。
ただ観客の年齢層的にタテノリはあり得ないので無駄な心配なのですが・・・

まずはグッズ売り場をチェックするもツアーTシャツがいまいちなのでパス。
とっとと会場に入ります。

Tシャツ付きのプレミアム席を購入したのですが前から9列目でアンディー・サマーズの前あたりに位置する席。
あまり前だと音が悪いのでこのぐらいがちょうど良い感じです。

P1080734 P1080739

6時半からオープニングアクトのFICTION PLAINが登場。
スティングの息子のバンドだそうで、CDではイマイチという印象だったのですがライブはえらく良いので得した気分。(音が悪かったのがちょっと残念)
やっぱり若いバンドは元気があってよろしい!!
スティングの息子はなぜか日本語ペラペラなので驚きましたが、ネット情報によると学生時代の仲の良い友人が日本人だったとか・・・

30分ほどのステージが終了し転換。
いよいよThe Policeということで会場は期待感に包まれます。
BGMが大音響でBob MarleyのGET UP STAND UPとなったらアリーナ総立ち。
そしてジャスト7時30分、スチュアート・コープランドのドラをきっかけにスタートです。

P1080586

SETLISTは以下のとおり。

Message In A Bottle
Synchronicity II
Walking On The Moon
Voices Inside My Head ~ When The World Is Running Down
Don't Stand So Close To Me
Driven To Tears
Hole In My Life
Every Little Thing She Does Is Magic
Wrapped Around Your Finger
De Do Do Do, De Da Da Da
Invisible Sun
Walking In Your Footsteps
Can't Stand Losing You(Regatta de blancのフレーズ入り)
Roxanne

・Encore1
King of Pain
So Lonely
Every Breath You Take

・Encore2
Next To You

照明とLEDで飾られたステージは美しく、LEDディスプレイはHDクォリティーでえらく高精細。
スティングの皺までハッキリ映し出していましたが(笑)、それ以外の演出はほとんど無く、MCもアリガトー程度でなにも無し。
淡々と演奏が続くシンプルなステージでした。

P1080611 P1080623

曲はかなりライブ用にアレンジを変えてあり、イントロ聞いただけでは何の曲か分からなかったりしますが、シーケンスを使用しているのは少なく(たまにはありますが)、ほとんど3人だけの演奏は素晴らしいの一言。

アンディー・サマーズのギターソロが結構あり非常にワイルド。
スチュアート・コープランドは通常のドラムセット以外にドラやティンパニーやグロッケンなどが組まれたパーカッションキットがセリで上がってくるようになっており、忙しく行き来しながら心底楽しんでいる雰囲気でプレイします。
スティングはさすがに昔のような高音は出ませんからキーを落としているのですが全く違和感ありません。(Roxanneでちょっと苦しそうでしたが持ち直しました)
やっぱりうまい!
当然「De Do Do Do, De Da Da Da」など多くの曲で客席と一体になります。

P1080637 P1080644

スティングが56、スチュアート・コープランドが55、アンディー・サマーズに至ってはなんと65(ミック・ジャガーより年上)というのが信じられないほどパワフルなステージでした。

P1080665-1

ツアーが終わったら調子に乗ってアルバム製作などしてもらえると嬉しいのですが・・・
次回はニューアルバムのツアーでの来日を期待しましょう。

|

« MacBook Airを他のマシンと比較してみた | トップページ | Mac OS X 10.5.2登場-USB Ethernet アダプタも使用可に! »

ライブレポート」カテゴリの記事

コメント

13日に行ってきました。スチュのパーカッションさばきに釘付けでした。
質問なんですが(KUMAさんにお伺いして良いものかどうかも疑問なんですが)スティングは、ギタリストがギターを曲によって変えるような事は無く、1本のベースでずーっと弾いていました。しかもそのベースが大変ネンキの入ったもので、30年間、これ一本でヤッテます、というような具合のもので。
ベースもヴァイオリンみたいに長年使っていると音が良くなるのでしょうか?

(アンディも古そうなギターを使ってましたが、スティングのは凄かった。)

投稿: ガビー | 2008/02/14 02:23

>ガビーさん
コメント有り難うございます。
ポリスすごかったですね。
次回にも期待したいところです。

さて2人が弾いていたスティングのベースも、アンディーのギターもボロボロでしたが、いわゆるビンテージと言われるものです。
全く取り替え無しでしたが、曲間にチューニングメーターでチョコチョコっとチューニングして次の曲行っていました。

ギターもベースも電気楽器ですが、振動をピックアップで披露構造なので生楽器と同じ性質を持っています。
長年使用していると木が乾燥するなどの理由で枯れた良い音になるのはヴァイオリンなどと同じです。
時代によって電気系統の部品も異なってくるため「××年代の奴は特に音がよい」なんて言うものもありとんでも無い価格で取引されています。

ただスティングもアンディーも昔の写真を見ると今回とは違う楽器を弾いていますから、たまたま今回のツアーに合う音色の楽器を選んだらビンテージだっただけではないかと思います。

投稿: kumanomix | 2008/02/14 12:17

KUMAさん、とってもわかりやすいご説明、ありがとうございます。
楽器や機械モノにはあまり興味が無い(というか、良くわからない)ので、いつも気にしていないのですが、スクリーンにアップで映ると、その古さ、というかボロボロ度が凄かったので、ズーッと気になっておりました。

スチュアート、凄かったです。
早くWOWOWを落ち着いて見たいです。

投稿: ガビー | 2008/02/14 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29792/40110649

この記事へのトラックバック一覧です: ポリス日本公演に行ってきた:

« MacBook Airを他のマシンと比較してみた | トップページ | Mac OS X 10.5.2登場-USB Ethernet アダプタも使用可に! »