« WWDCキーノートを日本語で楽しむ | トップページ | Twitterにハマっていました »

2009/08/04

N-06AのWi-Fi機能を使ってみた

ドコモの夏シリーズが出てしばらく立ちますが、発売されたばかりの時に、ドコモのN-06Aをお借りすることができ、最近まで色々試すことができましたので、Wi-Fi機能を中心に使用感などをレポートしてみましょう。

Safari003

Wi-Fi機能を利用するにはなんの設定も必要なく、moperaU(315円のUライトプランでOK)の契約をするだけです。
My docomoで簡単に申し込みでき、すぐに使用することが可能です。
パケホーダイの対象外なので本格的に使いたい人はパケホーダイダブルなど割引メニューも検討した方が良いでしょう。

アクセスポイントモードにすることで即Wi-Fi機器を接続してインターネットアクセスが可能となります。
接続のプロセスとパフォーマンスは、MacBook Airを接続した動画をご覧ください。

N-06AのWi-Fi機能は複数の機器を接続することはできませんが、接続が非常に簡単な上なかなかのパフォーマンス。

Safari002

YouTubeなどの動画を楽しむことができるのはもちろん、Ustreamなどのサイトを利用してリアルタイムストリーミングをおこなうことも可能で、MacBookのようにカメラがついた携帯であれば、あのダダ漏れも即始めることができます。
また、iPod touchやiPhoneを接続することができるのも大きなメリット。
iPhoneが圏外の場所でもiPhoneのインターネット接続ができるわけです。

まさに夢のようなガジェットと言えるでしょう。

ただし、問題がないわけではありません。
ケータイとしてやたらと使いにくいのです。

ボタンのスペースが小さく押しにくい上、GUIがウソのように使いにくい・・・電話もメールもiモードもすべて使いにくい・・・
その上に、全体に動作速度が遅くもっさりしているため結構なストレス。
さらに電話をかけるのにディスプレイ部を回転させるギミックが使いにくい・・・
細かく言うときりがないのですが、それまで使っていた機種が恋しくなるほど使いづらいというのは困ったものです。
慣れの問題かと思いかなりの時期いじくり回しましたが、結局慣れることはありませんでした。

モバイル環境として非常にメリットが大きいWi-Fi環境を考えると、ちょっと使いづらいぐらい我慢できるかな・・
iPhoneでテザリングができたらこんな携帯など見向きもしないのですがなんとかなりませんかね?

|

« WWDCキーノートを日本語で楽しむ | トップページ | Twitterにハマっていました »

Apple/Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WWDCキーノートを日本語で楽しむ | トップページ | Twitterにハマっていました »