« ソフトバンク鋭意努力中 | トップページ | 今年を思い返して »

2009/12/28

アバターを見てきた

3D映画というと、一部の実験的な映画か、テーマパークのアトラクションというのが今までの常識。

アバターが3時間もの3D映画と聞いてかなり不安でした。

・どの3D方式で見るのが良いのか?
・偏光メガネかけて色や画質が落ちないのか?
・もともとメガネかけているのだがその上から3Dメガネかけられるのか?
・3時間も3Dメガネかけていて3D酔しないか。
・そもそも映画として面白いのか。

などなど・・・

アバターが公開されるまで3D映画にいろいろな方式があるのを知らなかったのですが、この3Dの方式でクォリティーにずいぶん差があるようです。
このサイトにずいぶん詳しくまとめられています(リンク間違い修正)ので確認しておきましょう。

結論としては、日本に4館しかないIMAX 3Dという方法が良いようです。
ってなことで、本日休みだったので事前に予約して見てきました。
予約のさい間違って埼玉の映画館を予約して入場料2人分をドブに捨ててしまったのはナイショです。orz

実際に見ての感想ですが、3D酔に関しては個人差はあると思いますが、あまりにも自然なので酔う人は少ないと思います。
飛び出してくる感じは極力控えて普通の風景を見ている感じでした。
字幕も問題なし。
結構猜疑心目一杯で見に行ったのですが、トレーラーではちょっと不気味に思ったキャラクターもかなり魅力的です。
たぶんその殆どがCGで描かれているとは到底思えない自然なキャラクター、背景、メカニック、クリーチャーは驚嘆もの。
あまりにも生き生きした様子に、映画ではなく魔法か何かで惑星アバターで実際に起きている出来事を見せられているのではという錯覚さえ覚えます。
Twitterでこのことをつぶやいたら「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」というアーサー・C・クラークの名言がRTされていました。
その魔法のせいか3時間はあっという間です。
従来の2Dで上映している館もあるようですが3D映画の幕開けとなるアバター、ぜひ3Dで見ることをおすすめします。

追記:そういえばストーリーのこと書くの忘れていました。ほぼダンス・ウィズ・ウルブズです(笑)

|

« ソフトバンク鋭意努力中 | トップページ | 今年を思い返して »

エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソフトバンク鋭意努力中 | トップページ | 今年を思い返して »