« iPad用App Storeの日本語版オープン | トップページ | iPad発売に向けてApp Store準備万端 »

2010/05/23

米国版iPadにb-mobile SIMを入れてみた

私は米国版iPadのWi-Fi+3G版、いわゆるSIMロックフリーの製品を入試したため、すぐにも3G環境での通信を試してみたいと思うのが心情。

ただiPadに使用されているのは通常のSIMでは無く、一回りサイズの小さなマイクロSIMと呼ばれるもので、日本ではマイクロSIMを使用した端末はiPadが初めてと見られる。

どこからかマイクロSIMがリリースされるまで、SIMロックフリーの恩恵にあずかることはないのかと思っていたら、なんと通常のSIMを物理的に切り刻んでマイクロSIMを作ってしまうハックが登場しました。

gigazineの記事「マイクロSIM(MicroSIM)カード」を自作する方法が公開される」はかなり興味津々。

IMG_0133_1.jpg

そんな時に素晴らしいタイミングで発売開始されたのが日本通信のb-mobile SIM

プリペイドのデータ通信専用の専用SIMで、300kbpsと速度は抑えられているものの、ドコモのFOMAネットワークを使用出来て月額2,980円で使い放題というのは、iPadに入れてくれと言っているようなもの(笑)

P1050756.jpg

早速購入して改造の始まりです。

b-mobile SIMとiPadに入っていたマイクロSIMを比べたらこんな感じ。

P1050758.jpg

これを同じサイズになるようにgigazineの記事を参項に切り刻んで行きます。

ハサミで切るときはかなり怖いですが、案外大丈夫なものですね。

書いてあるとおりやると大体同じ大きさになりますが、iPadのSIMホルダーにピッタリ入るようにするには爪ヤスリなどを使用して大きさを調整し、さらに5隅の角をチョット丸く落としてやるとピッタリ入りました。


P1050760.jpg

この後、iPadの設定からモバイルデータ通信設定でAPN、ユーザー名、パスワードを入れてやります。

IMG_0018.jpg

これで完了。

後はiPadのサファリを起動すると表示されるとおり、携帯電話(普通の通話用携帯)から開通手続ダイヤルに電話してアナウンスのとおりパッケージに記載している番号をプッシュすると5分後ぐらいで開通し使用出来るようになります。


IMG_0019.jpg

私の場合開通手続したら番号の「2」をなんどプッシュしても「4」と認識してアナウンスで返してくるため、なかなかうまくいかず、諦めて固定電話で電話したら「携帯からかけろ」と怒られる始末。

結局妻の携帯を借りてプッシュするとあっけなく終了しました。

なんなんでしょうね?(笑)

まあ無事開通したので早速スピードテストなどをやってみました。(クリックで拡大)

●b-mobail SIM 300kbps出ていますね。

IMG_0021.jpg IMG_0022.jpg

●無線LAN接続 まあ比較にならないほど早いです・・・

IMG_0023.jpg IMG_0024.jpg

ドコモN-06AのWi-Fi接続モードでの通信も参項にどうぞ。

IMG_0025.jpg IMG_0026.jpg

とりあえず3Gでいろいろやってみましたが、

●電波強度が「圏外」と表示される

●300kbpsでも通常のブラウズではほとんど問題なく使用出来る。

●YouTubeなどのサイトは表示に非常に時間がかかる。

●時々間違って開通手続のページが表示されることがあるが、まあ特に支障なし。

●私はGPSが問題なく使用出来ているが、使用出来ないという報告もあるみたい。

なんて感じリスクがないわけではありませんが、良い感じで実用的には十分行ける感じ。

ただし「自分もやってみよう」というかたは自己責任でどうぞ。

28日になればこんな裏技使わなくても日本版が正式リリースされるので、Wi-Fi版と3G版を悩んでいる方もいるでしょうが、出張や旅行に持って行こうと思っている人には3G版がお勧めですね。

|

« iPad用App Storeの日本語版オープン | トップページ | iPad発売に向けてApp Store準備万端 »

iPhone/iPad」カテゴリの記事

コメント

記事興味深く拝見しました。「ドコモN-06AのWi-Fi接続モードでの通信も参項にどうぞ。」とありますが、こちらはN-06Aにb-mobile SIM U300を使ってAPモードでの接続に成功したということでしょうか。もしそうであれば、設定をお」教えいただくことはできませんか。

投稿: ichiro | 2010/05/28 07:33

ichiroさん、コメントありがとうございます。
混同させてしまいましたね、
N-06AはSIMフリー端末ではないので、b-mobileSIMは使用できません。
N-06Aがもともと持っているアクセスポイントモード(いわゆるテザリング)を使用してiPadとWi-Fi接続してインターネット接続した場合の速度測定をしたという意味です。

投稿: kumanomix | 2010/05/28 08:42

記事興味深く拝見しました。28日に日本でiPadが発売されてから、米国SIMフリー版のiPadは問題なくb-mobile SIMで通信できていますか? 28日以降、OS(ファーム)のマイナーアップで、SIMのカントリーコード(MCC)と、キャリアコード(MNC)のチェックが厳しくなり、日本ではソフトバンク以外のSIM(MNC=20)は受け付けないのではないかという情報が流れていました。つまり、OSをアップしてしまうと、その制御が有効になってしまうのでないかということです。海外のSIMはさせるということですが、要はその場合ローミングになります。どのiPadでも、日本で3Gを使用する場合は、上記のMCCとMNCのコンビネーションにより、アクセスできなくなるのではないかということです。

投稿: まっく | 2010/05/29 07:06

>まっくさん コメントありがとうございます。

実は出張で高松から帰ってきましたが、高松では建物の中ではソフトバンクSIMのiPhoneはほぼつながらない状態。
対してFOMA網を使用したb-mobileSIMのiPadは楽勝でつながるていたらくです。

アンテナの少なさと言うよりも、まさに孫さんの言う800MHz帯の強力さを体感してきました。
たしかにフェアじゃないし、ドコモの回線をiPadやiPhoneでSIMロックフリーにしたらソフトバンクと契約する人いなくなっちゃうと思います。
アップデートでb-mobileSIMが使えなくなると言うことは大いにありうることだと思いますが、一応人柱としてこんなブログ書いているので、それも含めて今後もレーポートしていきたいと思っています。

情報ありがとうございました!
今後とも宜しくお願いします!!

それより7月にイギリス行くのですが、都合の良いプリペイドSIMがあるか探さなければ・・・

投稿: kumanomix | 2010/05/29 22:13

NYに住んでいる3GWifi版iPadを使用している者です。
先週仕事でパリに行き、SFRと言う会社が出しているiPad用の
プリペイドMicoSIMを購入して使って見ました。3日間でユーロと
格安でした。ロンドンではVodafoneから同じタイプのMicroSIMが
出ていました。これはパウンドでした。米国版iPadの強みですね。

投稿: EYNY | 2010/07/16 04:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPad用App Storeの日本語版オープン | トップページ | iPad発売に向けてApp Store準備万端 »